荒川区

面積の小さい区

荒川区は東京23区の中では面積は小さく、面積は23区内で3番目に小さく、隣が足立区・北区・台東区・文京区と囲まれます。
有名な地域としては、西日暮里や南千住、町屋などがあり、人口は少なめの地域です。
昼間人口となると、23区内では一番少ない地域です。
また23区内では、一番事業所の少ない地域であり、人が少ないエリアと言えます。

昔は工業地帯であったので、その名残か、荒川区には製造業の会社が多いです。
荒川区は足立区と並んで、柄の悪い事件の多いエリアというイメージがありますが、そんなことはありません。
犯罪発生率は23区内で10番目となっており、中間よりも少し下ぐらいであり、むしろ治安は良い地域です。

荒川区というと、区内を川が流れており、住んでいない人では荒川が通っている場所だと思うかもしれません、
しかしながら荒川区を流れる大きな川は、荒川ではなく、隅田川です。
荒川から足立区の方に行くと荒川に到着し、荒川区内はそこから別れた隅田川が通っています。

ほとんどが下町の低地にありますが、日暮里は高台にあり、山手の高台の末端になります。
日暮里駅からはライナーが始発で出ており、成田空港まで続いています。

家賃は23区内では安めの地域

23区内では8番目に家賃相場の安い地域であり、一人暮らし向けの物件では相場は7.6万円です。
ワンルームとなると、6.9万円と7万円をきる値段となります。
犯罪発生率も23区内では10番目と治安は比較的良く、家賃が安く犯罪も少なく住みやすい地域です。

町屋駅周辺は、閑静な住宅街がつづき昔ながらの商店街も多い場所で、三ノ輪駅は犯罪が少なく治安の良い街、日暮里駅は閑静な場所で、駅前以外は住みやすい場所です。
荒川区を通る路線は9路線もあり、常磐線や山手線、つくばエクスプレスなどがあります。
このために千葉方面に行くにも、筑波方面に行くにも、また都心方面に行くにも大変便利です。
日暮里などは使える路線も多く、南千住も路線が多く、若い人に任期の街です。

南千住は千葉方面にもアクセスしやすく、日暮里はバスや電車が充実しており、町屋は特に家賃の安い地域なので、安い物件を探すならこの地域がおすすめです。
荒川区というと、全体的に下町のようなイメージがありますので、イメージに反せず、家賃も下町の物件などと安いところが多いです。
駅前は商業施設などが多く、買い物などをするにも便利ではありますが、住むとしたら駅から少し離れていた所の方が、静かで住みやすいかもしれません。

場所によっては、駅から離れると街灯が少なく暗い場所が多くなる、ショッピングには向いておらず不便な地域もあり、全体的に地味なイメージの区です。