北区

田舎の地域

北区というと、どの都道府県でも田舎というイメージがありますが、東京都でも例外ではありません。
赤羽などのある地域であり、どちらかというと埼玉県よりの場所にあります。
隣が川口市になりますので、都心よりも埼玉の方が近い地域です。
このために、北区に通勤で通うような人は、埼玉から来るような人も多いです。
都心の方に行くと田端や日暮里も近いので、そこから山手線を使って、都心まで行くこともできます。

北区という名前からか、他の都道府県に住んでいる方からのイメージは良くなく、データでも良くない結果が出ています。

・小中学生の子供が減っている
・人口増加率は23区の中ではワースト1位
・高齢化率もワースト1位であり、高齢者の就業率は悪い
・所得も23区の中では低い

このような結果になっており、他の23区と比べるとあまり芳しくはありません。
そして東京都の中では、北区はどこにあるかわからないという方もおり、名前で損をしているのは間違いありません。
治安はそれほど悪いというわけではありませんが、23区の中では犯罪率は中間ぐらいです。

そんな北区の中でも住みやすい地域は、駅周辺が明るく女性にも安心な田端駅周辺、閑静な住宅が続く十条駅周辺、ファミリー層が多い東十条駅周辺などがります。
やはり北区に住むとなると駅中心に生活をしますので、駅周辺が便利で安全で良いです。
北区で一番有名な駅というと赤羽ですが、こちらは会社の事務所などの多い地域で、ビジネス街という側面もあります。

家賃の安い地域

東京の端っこ方にある北区は、イメージが良くないという人もいますが、そのようなエリアの特性を活かして、家賃が割りやすいというのがあります。
家賃相場は一人向けの物件で7.4万円、ワンルームなら6万円台からあり、少し築年数があり古い物件ならば、さらに家賃は下がります。
23区で見ると、7番目に家賃が安い地域となっているので、家賃は安い物件が多いです。
家賃相場が安いということは、比較的新しい物件でも家賃が安いのです。

静かで住みやすい場所も多く、東北線や埼京線で埼玉にも都心にもアクセスできます。
商店街が非常に充実しており、下町のような雰囲気の場所も多いので、のんびりとしたイメージのところに住みたいという人にもおすすめです。
しかし、少し入り組むと暗く細い路地のような場所が多い、赤羽以外には繁華街はなく、外国人が多いエリアがあります。

交通アクセスとしては、北区内には9路線も通っており、神奈川方面にもアクセスしやすいです。
十条駅周辺は他の北区内の地域と比べると家賃が安く、赤羽周辺は買い物スポットが多く、田端は食品スーパーやドラッグストアが多く、浮間舟渡は池袋・新宿・渋谷へ直通の電車があります。