世田谷区

世田谷区の歴史と特徴

世田谷区は東京都内の中でも非常に歴史が古く、江戸時代以前の室町期から主要都市として機能をしてきました。

統治をしていたのは足利氏の一族である吉良氏であり、江戸時代に入ってからも吉良氏の城下町として独自の発展を見せてきました。

地理的にも江戸と小田原を結ぶ分岐点として多くの人が訪れる要所であり、そのことからたくさんの宿場や商業施設、市場が作られてきました。

そのため戦後の都市形成においても昔ながらの住人が長く住むために使われてきており、それが高級住宅地としてのブランドとして定着した理由になっています。

現在では周辺にある数多くの大学へのアクセスのため学生が住む街としての機能があるとともに、近くの二子玉川や多摩川河川敷で過ごす潤いのためのスポットとしても使われています。

家賃相場と住みやすさ

世田谷区は23区の中でも人気の高い地域であり、物件そのものの便利さだけでなく「世田谷区在住」というブランドを求めて引っ越してくるというケースもあるくらいです。

ただ同じ世田谷といっても昔から高級住宅地として使用されてきた地域と新しく発展した地域とではだいぶ雰囲気が異なるので、物件選びには実際にその近隣の様子を見てみることも大切です。

世田谷区の中でも特に家賃相場が高く居住している人の所得層が高いのが等々力や深沢、成城といった場所です。

一方で学生が多く飲み屋など小さな店が多く見られる街並みとなっているのが三軒茶屋付近です。

また若者に絶大な人気のある下北沢エリアも世田谷区に含まれており、家族向け物件よりも単身向けのアパートやマンションを多く見かけることができます。

世田谷区は東京23区の中でも面積が広いため同じ区内であってもかなり街並みの個性は強くなっています。

家賃相場としてはエリアにもよりますがワンルームでも月70,000円以下ということはまずありません。

ただ成城学園や明治大学といった学生が集まるエリアが多くあることから物件自体の数は多くあるので、粘り強く探せば希望の物件を見つけることはできます。

近隣にある名所・施設

世田谷区が居住地として人気が高いのは、交通の便や住民サービスといったインフラだけでなく周辺の施設に過ごしやすいものがそろっているからです。

等々力にある「等々力渓谷(とどろきけいこく)」は都内にしては非常に珍しい渓谷であり、約1キロメートルにわたり深さ10~20メートルもの渓谷が続く様子を見ることができます。

等々力渓谷を含む近隣エリアは区立公園と指定されており、シーズンになると家族連れや観光客などたくさんの人が散策に訪れます。

他にも「砧(きぬた)緑地公園」はもともと砧ゴルフ場として利用されてきた土地を整備した場所があり、こちらは都内最大の緑地となっています。

子育て政策にも世田谷区はかなり熱心に取り組んでいるので、家族で家を購入するという人も多くなってきています。