新宿区

新宿

新宿区の歴史と特徴

新宿区といえば都庁を有する都内でもナンバー・ワンのビジネス街です。

駅前周辺には高層ビルが立ち並んでおり、夜景スポットも数多くあることで知られています。

「新宿」という地名がついた歴史は比較的新しく、昭和22年にそれまで四谷・牛込・淀橋として3つの区としてあったものを統合することで誕生したのが始まりです。

意外なことですが過去の歴史的には新宿はそれほど都市の中心として機能してきたわけではなく、江戸時代にはいくつか大名屋敷や寺社はちらほら見られたものの現在の区内面積の半分くらいは農村地域として閑散とした様子を見せていました。

急速に都市化が進んだのは明治~大正の時期で、区内にあった農村地が次々と住宅地として作り替えられ、戦災による大きな被害はあったものの戦後の高度成長期にはそれまで以上に巨大な都市としてめざましい発展を見せていきました。

家賃相場と住みやすさ

オフィスビルや巨大百貨店など大型物件が立ち並ぶ新宿ですが、居住地としてはそれほど人気が高いというわけではありません。

歌舞伎町などの繁華街では夜中でも街の灯かりが消えることなくずっと賑やかな雰囲気を漂わせていますが、そこにいる人の多くは実際には新宿居住はしておらず他の場所から訪れているということが大半です。

繁華街周辺に住んでいるのはそうした夜の街で働く風俗関係のスタッフや外国人が多く、雑多な人間が集まり暮らすことで治安面も比較的悪化しがちとなっています。

ただ同じ新宿でも東口から少し歩いたところにある「東新宿」のエリアにはいくつか居住用物件も多く見られるようになっており、交通の便を優先してそちらのエリアに住むことを選ぶ学生などもいます。

新宿内でも大久保地区には韓国人が多く居住するコリアンタウンができており、エリアごとに住む人が微妙に分けられていることもあります。

家賃相場は都内でもトップクラスとなっており、ワンルームであっても月85,000円~くらいは最低でも覚悟をしておく必要があります。

近隣にある名所・施設

新宿はビル街というイメージが強いですが、歴史的な名所もあちこちに存在しています。

代表的なのが「新宿中央公園」で、超高層ビルが立ち並ぶ西新宿の真ん中に巨大な公園として存在しています。

新宿駅から比較的近い位置にあるにもかかわらず公園内には静かな雰囲気と多くの自然が見られるという不思議な場所であり、休日などには子供連れの家族が多く訪れます。

庭園としては「新宿御苑」も観光名所として知られる場所となっており、内部には歴史的な建造物のほか整備された豪華なイギリス風景式庭園やフランス式整形庭園を眺めることができます。

一つの区の中にいくつもの顔を持つ不思議な場所なので、物件を選ぶときには必ず現地に行って周辺の環境を確認しておくようにしましょう。